コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚尋 かくじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚尋 かくじん

1012-1081 平安時代中期-後期の僧。
長和元年生まれ。明快(みょうかい),皇慶(こうげい)らに師事して灌頂(かんじょう)をうける。承保(じょうほう)3年(1076)比叡山(ひえいざん)東塔に金剛寿院をひらき,翌年天台座主(ざす),権(ごんの)僧正。同年末には京都法勝寺の権別当となった。永保元年10月1日死去。70歳。俗姓は藤原。号は金剛寿院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚尋の関連キーワード忠尋堂衆

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚尋の関連情報