コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚恵(1) かくえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚恵(1) かくえ

1239-1307 鎌倉時代の僧。
延応元年生まれ。日野広綱の子。母は覚信尼。覚如の父。青蓮院の尊助(そんじょ)法親王のもとで出家。のち浄土真宗に転じ,如信に師事。母をたすけて大谷廟堂をたて,母の死後,跡をついで同廟の留守職となる。異父弟唯善とその相続をめぐってあらそっているさなか,徳治(とくじ)2年4月12日死去。69歳。法名は宗恵,専証。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚恵(1)の関連キーワードEdward the Confessorエドワード[1世]エドワードエドワード1世赤橋久時北条時範成宗[元]モンテ・コルビーノ騎士修道会プランタジネット朝