コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚恵(2) かくえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚恵(2) かくえ

1604-? 江戸時代前期の僧。
慶長9年生まれ。大炊御門頼国(おおいみかど-よりくに)の子。真言宗大覚寺大勝院,興福寺東北院をへて仁和寺(にんなじ)真光院にうつる。寛永7年(1630)仁和寺心蓮院の宥厳から灌頂(かんじょう)をうける。10年権(ごんの)僧正。通称は大納言僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚恵(2)の関連キーワードモラレスマーストンアレマンカルル9世リンダン(林丹)チャップマン(George Chapman)デッカーマーストン唐通事と蘭通詞萩焼

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android