コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚英 かくえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚英 かくえい

?-1157 平安時代後期の僧,歌人。
藤原師通の子。興福寺で叔父覚信に師事して法相(ほっそう)をおさめ,東大寺受戒法華,唯識に通じた。権(ごんの)少僧都となるが諸国行脚(あんぎゃ)後,陸奥(むつ)信夫郡(福島県)に庵をむすぶ。仏教説話では,覚英の死後,庵をたずねた西行が遺品や辞世の文をみいだしたとつたえる。保元(ほうげん)2年2月17日死去。字(あざな)は円松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚英の関連キーワード野中寺撰集抄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android