コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚醒剤急性中毒 かくせいざいきゅうせいちゅうどく Acute Methamphetamine Poisoning

1件 の用語解説(覚醒剤急性中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かくせいざいきゅうせいちゅうどく【覚醒剤急性中毒 Acute Methamphetamine Poisoning】

[どんな病気か]
 精神興奮薬(せいしんこうふんやく)のうち、日本で覚醒剤といっているのは、メタンフェタミンヒロポン、俗称「シャブ」)で、日本では市販されていないのですが、エフェドリンなどを原料に密造されたものが暴力団などを介して出回っています。
[症状]
 メタンフェタミンなどの精神興奮薬を大量に摂取すると、急性中毒がおこります。
 不安、興奮、頻呼吸(ひんこきゅう)、不穏、幻覚、震え、舞踏病(ぶとうびょう)、けいれん、昏迷(こんめい)、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状がおこります。
 体温上昇、発汗、瞳孔拡大(どうこうかくだい)、排尿障害、尿閉(にょうへい)などの交感神経症状や吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、下痢(げり)などの消化器症状もおこります。
 幻視(げんし)、幻触(げんしょく)、幻嗅(げんきゅう)、関係妄想(かんけいもうそう)、錯覚などが現われ、統合失調症とまちがわれることもあります。
[治療]
 初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用、強制利尿(きょうせいりにょう)や血液浄化を行ないます。
 けいれんなどの中枢神経刺激症状には、ジアゼパムを注射、舞踏病(ぶとうびょう)などの異常運動には、ジアゼパム、クロルプロマジンが有効です。
 強い幻覚・不穏には、ドロペリドールかハロペリドールを注射します。
 ミオグロビン血症がおこっていれば輸液、フロセミドの注射、マンニトールの点滴などを行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

覚醒剤急性中毒の関連キーワード精神科精神界精神生活精神電気反応精神論何心地不死身精神科医神興興奮薬 (stimulants)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone