コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世弥次郎長俊 かんぜやじろうながとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世弥次郎長俊
かんぜやじろうながとし

[生]長享2(1488)
[没]天文10(1541)
能役者,能作者。観世小次郎信光の長男。観世座のワキの名手で,幼少の大夫元忠 (7世宗家観世宗節) の指導にも当った。著書に『正尊』『江野島』『大社』『輪蔵』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

観世弥次郎長俊の関連キーワード江の島能役者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android