正尊(読み)ショウゾン

大辞林 第三版の解説

しょうぞん【正尊】

能の一。四番目物。観世弥次郎長俊作。義経を討つ密命を受けた土佐坊正尊は、義経邸での糺問きゆうもんを起請文きしようもんでごまかすが、弁慶は、彼が夜討ちの用意をしていることを察知してこれを迎え討つという筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正尊
しょうぞん

能の曲目。四番目物。五流現行曲。ただし金春(こんぱる)流は昭和の復曲。観世長俊(かんぜながとし)作。源義経(よしつね)(ツレ)暗殺の命令を受けて上京した土佐坊正尊(シテ)は、弁慶(ワキ)に引っ立てられてくるが、そうではないという偽の起請文(きしょうもん)を書き上げて急場を逃れる。酒宴では静(しずか)(子方)が舞う。召使い(アイ)の偵察で夜襲を知った義経たちは、武装をして待ち受ける。押し寄せた正尊の軍勢と、激しい戦闘が繰り広げられ、正尊はついに弁慶に生け捕られる。凄絶(せいぜつ)な戦闘場面とともに、前段の起請文の読み上げが山場で、むずかしいリズムの重い習物(ならいもの)とされる。流儀によってはシテを弁慶、ワキを正尊とする。出典は『平家物語』の「土佐坊斬(き)られの事」など。幸若に同材の「堀川夜討」がある。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうぞん シャウゾン【正尊】

謡曲。四番目物。観世・宝生・金剛・喜多流。観世彌次郎長俊作。土佐坊正尊は京都堀河御所の義経を討つ計画を、弁慶や義経に気づかれて詰問され、偽りの起請文を書いてのがれ、やがて夜討ちをするが、迎え討たれて捕らえられる。「平家物語」による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正尊の関連情報