コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世小次郎信光 かんぜこじろうのぶみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世小次郎信光
かんぜこじろうのぶみつ

[生]永享7(1435)
[没]永正13(1516).7.7.
室町時代末期の能役者,能作者。3世音阿弥元重の第7子。小次郎は通称。観世弥三郎に師事し,諸事に有能で,ことに大鼓の名手であり,またワキ役をも得意としたという。長兄4世政盛の没後は,権守として5世之重,6世元広の後見人をつとめた。作品に『紅葉狩』『船弁慶』などの人気曲や,ワキ役の動きのあるもの,『遊行柳』『胡蝶』など詩趣のあるもの三十余番がある。故事に精通し,和歌にも堪能であったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

観世小次郎信光の関連キーワード観世弥次郎長俊胡蝶(能)安宅(能)能役者羅生門西行桜安宅物勧進帳小次郎後見人権守安宅大鼓右近永正玉井諸事

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android