コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解離エネルギー かいりえねるぎー

1件 の用語解説(解離エネルギーの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解離エネルギー
かいりえねるぎー
energy of dissociation

多原子分子をその構成元素の原子または分子に分解するのに必要とするエネルギーをいい、熱であるときとくに解離熱heat of dissociationという。通常1モルについてはkJ、分子1個についてはeV単位で表し、それは生成エネルギーに等しい。解離エネルギーの値は、途中段階まで分解して分子で止まるときと、原子にまで分解するのでは大差があり、また生成した分子や原子の電子状態によっても異なる。したがって基底状態の分子、原子が得られたときが標準となる。
 解離エネルギーを求めるには、簡単な分子では光学的方法、すなわち分光スペクトルを観測することによるが、複雑な分子については解離圧の温度変化、あるいは熱量測定法による。[吉田俊久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の解離エネルギーの言及

【解離】より

…一般に安定な分子の解離には外部から熱や光などエネルギーを供給することが必要で,それぞれ熱解離,光解離などと呼ばれる。解離に必要なエネルギーを解離熱あるいは解離エネルギーといい,たとえば,二原子分子の塩素Cl2,水素H2,酸素O2,窒素N2の解離熱はそれぞれ243,436,495,942kJ/molで,解離熱が小さいものほど解離しやすい。これらの値は,二原子分子をつくる化学結合の強さを表し,結合エネルギーとも呼ばれる。…

【結合エネルギー】より

…多くの同種の構成粒子をもつ原子核や結晶では,ふつう1構成粒子当りの結合エネルギーを考え,原子核ではこれを比結合エネルギーと呼んでいる。また分子においては,その分子全体の結合エネルギーを解離エネルギーenergy of dissociationと呼び,化学構造式におけるある一つの結合手についての値を結合解離エネルギーbond dissociation energyと呼び,略して結合エネルギーと呼ぶ習慣がある。結晶の結合エネルギーは昇華熱として実験的に測定される。…

※「解離エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone