コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訂正審判

1件 の用語解説(訂正審判の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

訂正審判

訂正審判」とは、特許権者による特許権の技術的範囲の訂正可否を判断する制度をいう。「訂正審判」の特徴は以下のとおりである。1. 特許権者だけが訂正審判請求をすることができる。2. 異議申立てまたは無効審判が特許庁に継続していない場合に限り訂正審判請求をすることができる。3. 審決の結果、訂正を認めないとの場合、特許権者は東京高等裁判所に審決の取り消し請求ができる。4. 「訂正審判」は権利範囲の減縮、誤記・誤訳の訂正、または明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に限られる。5. 訂正後の特許権が無効理由を有さないことが必要である。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訂正審判の関連キーワード特許品独占的通常実施権特許権の消尽特許権の消滅特許権の存続期間特許権の譲渡特許査定特許無効審判請求発明者非独占的通常実施権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone