コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計量記念日

3件 の用語解説(計量記念日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

計量記念日

11月1日。適正計量の普及と啓発活動を行う。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計量記念日
けいりょうきねんび

「計量法」が公布された1951年(昭和26)6月7日にちなんで1952年から設けられた記念日。計量観念の普及やメートル法による統一に関するいろいろな行事が行われる。古くから4月11日がメートル法記念日または度量衡記念日とよばれていた。これは、1921年(大正10)、日本でメートル法によって統一するため改正された「度量衡法」が公布された日にちなんだものである。しかし度量衡法が大幅に改正され、度量衡以外の多くの量を包含する計量法が制定されたのを機会に改められた。その後、1992年(平成4)に、計量単位をすべて国際単位系(SI)へ統一する改正が行われ、翌1993年11月1日に新計量法が施行された。以後11月1日が計量記念日となり、11月の1か月間を計量強調月間と定めた。なお、国際的には、メートル条約が締結された1875年の5月20日を記念して、1999年に5月20日を世界計量記念日(World Metrology Day)と決めて、2000年より記念行事が挙行されている。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

計量記念日の関連情報