コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託何 たくが

1件 の用語解説(託何の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

託何 たくが

1285-1354 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)8年生まれ。時宗。相模(さがみ)(神奈川県)無量光寺の智得にまなぶ。元亨(げんこう)元年京都の七条道場金光寺にはいり,建武5=延元3年7代遊行上人をつぐ。以後17年にわたって遊行をつづけ,おおくの和讃をつくった。文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年8月20日死去。70歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。俗姓は矢野。号は宿阿弥陀仏,他阿弥陀仏。託阿(たくあ)とも。著作に「器朴(きぼく)論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

託何の関連キーワード武藤景泰少弐景資安達泰盛へき地学校北畠親房呉鎮北畠親房近衛基嗣斯波高経山田宗久

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone