コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設楽神 しだらがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設楽神
しだらがみ

平安時代,疫病の流行を免れるため民間で信仰された神。志多良神とも書く。「しだら」は音楽の手拍子の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

設楽神 しだらのかみ

民間信仰の神。
おもに平安時代に疫病の流行をのがれるため民衆が信仰した神。農業の神ともされた。天慶(てんぎょう)8年(945)に設楽神入京のうわさが広まり,群衆がうたいおどりながら,摂津から石清水八幡宮まで神輿(みこし)をかついだ。また長和元年にも九州から京にむかったという。志多羅神ともかき,小藺笠神(こいがさがみ)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例