コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設楽神 しだらがみ

2件 の用語解説(設楽神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

設楽神
しだらがみ

平安時代,疫病の流行を免れるため民間で信仰された神。志多良神とも書く。「しだら」は音楽の手拍子の意。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

設楽神 しだらのかみ

民間信仰の神。
おもに平安時代に疫病の流行をのがれるため民衆が信仰した神。農業の神ともされた。天慶(てんぎょう)8年(945)に設楽神入京のうわさが広まり,群衆がうたいおどりながら,摂津から石清水八幡宮まで神輿(みこし)をかついだ。また長和元年にも九州から京にむかったという。志多羅神ともかき,小藺笠神(こいがさがみ)ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

設楽神の関連キーワードおしら様祇園信仰御霊信仰土地神堀一郎疫神祭疫病みの神王朝時代しだらの神神集め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone