コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許政 きょせい Hǒ Chǒng

2件 の用語解説(許政の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許政
きょせい
Hǒ Chǒng

[生]建陽1(1896).4.8. 釜山
[没]1988.9.18. ソウル
韓国の政治家。 1919年の三・一運動に参加して亡命,解放後帰国。 48年韓国交通相,50年社会相,51~52年首相代理,57年ソウル市長,59年日韓会談首席代表,60年外相。同年4月イ・スンマン (李承晩) が大統領を辞任ののち8月張勉内閣組閣まで過渡的政府首班として大統領代理,首相,外相を兼務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許政
きょせい / ホジョン
(1896―1988)

韓国(大韓民国)の政治家。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)釜山(ふざん/プサン)出身。普成専門学校卒業。三・一独立運動に参加後、亡命して上海(シャンハイ)の韓国臨時政府に参加。フランス、アメリカを転々とする。1945年解放後、帰国して韓国民主党創立に尽力し、同党総務。1948年韓国成立後は、交通部長官、社会部長官、国務総理署理、ソウル特別市長、外務部長官を歴任。1960年「四月革命」後、8月まで管理内閣首班。1963年以後、諸野党幹部として活動、1969年国土統一院顧問、韓国政界の最長老格であった。[玉城 素]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許政の関連キーワード魚允中釜山窯路線別の旅客数釜山の射撃場火災秋田県湯沢市炭釜山太田秀次郎島田帰松村弥平太建陽[市]釜山城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

許政の関連情報