診断薬(読み)しんだんやく(英語表記)diagnostic drugs

世界大百科事典 第2版の解説

しんだんやく【診断薬 diagnostic drugs】

疾病の診断や臓器の機能検査に用いられる医品。X線造影剤,一般検査用試薬,血液検査用試薬,生化学的検査用試薬,免疫血清学的検査用試薬,細菌学的検査用剤,機能検査用試薬およびその他の診断薬に分類される。(1)X線造影剤 消化管の造影には硫酸バリウム製剤が用いられ,その他,血管気管支胆囊子宮卵管泌尿器脊髄,脳室などの造影には各種ヨード製剤が多く用いられている。(2)一般検査用試薬 尿定性試薬としては通常1枚の細いステックに数種の検査項目を組み込んだ試験紙が用いられ,pH,タンパク質,ケトン体潜血,ウロビリン,ビリルビンなどが調べられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

診断薬の関連情報