証券総合口座(読み)しょうけんそうごうこうざ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証券総合口座
しょうけんそうごうこうざ

証券会社の有価証券口座とMMF(Money Market Fund)などのファンド口座を一体化したうえで、クレジットカード機能や資金自動振替機能等を付加した総合金融サービス。アメリカでは1975年5月1日に、いわゆる「メーデー」とよばれる金融制度改革が実施された。証券総合口座は、この改革で株式売買委託手数料の自由化が実施された翌年、それに伴う手数料収入減への対応の一環としてメリルリンチ社Merrill Lynch & Co., Inc.により開発され、1979年9月から個人投資家向けに販売された商品である。
 メリルリンチ社が販売した商品名はキャッシュ・マネジメント・アカウント(Cash Management Account=CMA)という名称で、最低口座開設資金は2万ドル、年間会費は100ドル、クレジットカード年会費25ドルと、比較的手軽に利用できる条件で提供されたため、顧客数・預り資産ともに急拡大を示した。このため、CMAの成功に刺激されて、メリルリンチ社以外の証券会社も追随する形で同様のサービスを行った。
 日本においては、1997年(平成9)10月に、日本版金融ビッグバンによる規制緩和の一環として解禁された。証券総合口座は、決済機能をもつことで、証券会社の口座でありながら給与・年金の振込み、クレジットカード代金や公共料金の自動引落しなども可能であり、証券担保融資のサービスも付随するなど、利用者の利便性はきわめて高い。現金の出し入れは、普通預金的な機能をもつMRF(Money Reserve Fund)から証券会社のATM(現金自動預金支払機)を通じて行われる。1998年9月以降は給与の直接振込みも可能となった。[高橋 元]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android