コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証券総合口座 しょうけんそうごうこうざ

2件 の用語解説(証券総合口座の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

証券総合口座


投資信託の購入や給与振込等をするため、証券会社で開設する口座のこと。株式や投資信託等の購入、カード利用代金の引落、給与振込等に利用される。投資家が預けた資金はMRFで運用されている。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証券総合口座
しょうけんそうごうこうざ

証券会社の有価証券口座とMMFMoney Market Fund)などのファンド口座を一体化したうえで、クレジットカード機能や資金自動振替機能等を付加した総合金融サービスアメリカでは1975年5月1日に、いわゆる「メーデー」とよばれる金融制度改革が実施された。証券総合口座は、この改革で株式売買委託手数料の自由化が実施された翌年、それに伴う手数料収入減への対応の一環としてメリルリンチ社Merrill Lynch & Co., Inc.により開発され、1979年9月から個人投資家向けに販売された商品である。
 メリルリンチ社が販売した商品名はキャッシュ・マネジメント・アカウント(Cash Management Account=CMA)という名称で、最低口座開設資金は2万ドル、年間会費は100ドル、クレジットカード年会費25ドルと、比較的手軽に利用できる条件で提供されたため、顧客数・預り資産ともに急拡大を示した。このため、CMAの成功に刺激されて、メリルリンチ社以外の証券会社も追随する形で同様のサービスを行った。
 日本においては、1997年(平成9)10月に、日本版金融ビッグバンによる規制緩和の一環として解禁された。証券総合口座は、決済機能をもつことで、証券会社の口座でありながら給与・年金の振込み、クレジットカード代金や公共料金の自動引落しなども可能であり、証券担保融資のサービスも付随するなど、利用者の利便性はきわめて高い。現金の出し入れは、普通預金的な機能をもつMRF(Money Reserve Fund)から証券会社のATM(現金自動預金支払機)を通じて行われる。1998年9月以降は給与の直接振込みも可能となった。[高橋 元]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証券総合口座の関連キーワードオープン型投資信託解約請求純資産残高スポット型投資信託定時定型投資信託外貨建て投資信託受託銀行投資信託説明書評価機関申込手数料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

証券総合口座の関連情報