コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠者文学 いんじゃぶんがく

4件 の用語解説(隠者文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隠者文学
いんじゃぶんがく

世間から隠遁した人,いわゆる遁世者,隠者の著わした文学。草庵文学ともいう。隠者の萌芽はすでに奈良時代にみられるが,隠者が社会的存在として意識されだしたのは平安時代末期以後で,したがって隠者文学もそれ以後に多く見出され,特に中世文学の中心を占めるにいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんじゃ‐ぶんがく【隠者文学】

中世における隠者や僧侶による和歌・日記・随筆などの自照的な文学。西行鴨長明兼好らが代表的作家。中古の能因、近世の芭蕉などを含めていうこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いんじゃぶんがく【隠者文学】

隠者たちによって書かれた文学。西行・長明・兼好らの作品を代表とし、中世文学の主要部分をなす。無常観・脱俗性などを特色とする。また、室町時代の連歌師や、近世の芭蕉らを含める場合もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隠者文学
いんじゃぶんがく

隠者が、その精神と生活を記した作品の総称。おもに鎌倉・室町時代に成立したものをさす。中世文学を特徴づけた作品群とされ、文学史における中古からの転換を「女房文学から隠者文学へ」と総括するとらえ方が有力である。隠者は、隠遁者(いんとんじゃ)、遁世者、世捨て人、その他さまざまによばれるが、要するに、貴族や武家による体制を離脱して閑居し、僧衣に身を包んだ者のことである。多くは山里の草庵(そうあん)に住むが、市中にいた者もおり、身分や生活形態の点で俗世間との関係を保っている者で隠者文学の作者に数えられる例も少なくない。彼らは仏教ことに浄土思想の影響を受けており、その作品には無常観(感)に根ざす現世否定の念や自己凝視の情が鋭い批評性を形成している。求道の生活に徹して文学を捨てるに至らなかった人々の所産として、自然美に包まれた風雅な境涯への賛美や都への郷愁の念が見え隠れし、その叙情的一面が独特な魅力となっている。
 代表的な作品に、西行(さいぎょう)ら草庵歌人の和歌、鴨長明(かものちょうめい)の『方丈記(ほうじょうき)』、兼好(けんこう)の『徒然草(つれづれぐさ)』、連歌師たちのある種の連歌、随筆、評論があり、『発心集(ほっしんしゅう)』『撰集抄(せんじゅうしょう)』などの仏教説話集、『海道記』『東関紀行』などの紀行も含まれる。中古文学にも慶滋保胤(よししげのやすたね)の『池亭記(ちていき)』など源流的なものがある反面、近世文学にも、芭蕉(ばしょう)の作品をはじめとしてこの系譜を継ぐものが少なからずあるが、武士、町人らによる文学が主流を占めるにつれて、文学史のなかから影を薄くしていった。[三木紀人]
『石田吉貞著『隠者の文学――苦悶する美』(1968・塙書房) ▽伊藤博之編『中世の隠者文学』(1976・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠者文学の関連キーワード隠逸隠遁所謂隠宅世間離れ遁世者世を忍ぶ世を捨てる遁世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠者文学の関連情報