コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知症の相談窓口 にんちしょうのそうだんまどぐち

1件 の用語解説(認知症の相談窓口の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にんちしょうのそうだんまどぐち【認知症の相談窓口】

 お年寄りの知的機能の低下や問題行動に家族が気づいたときの相談窓口には、身近なところでは保健所福祉事務所が考えられます。
 保健所はその地域の精神保健活動の中心となっており、種々のサービス機関についての情報もたくさんあります。家族への介護指導や今後どのような機関に相談に行ったらよいかなど、具体的な指導が行なわれています。
 ホームヘルパーショートステイデイサービス老人ホームの入所といった福祉サービスの利用に関しては福祉事務所が窓口となっています。残念ながら現状では福祉サービスは量的に不足しており、ニーズに対して十分な対応はできていませんが、在宅介護の継続および家族の介護負担軽減のためには、これらの福祉サービスの活用をお勧めします。
 より専門的な機関としては都道府県の設置する老人性認知症疾患センターがあります。ここでは保健・福祉各機関の連携をはかりながら、専門医療相談、診断、治療方針の選定、救急対応など、老人性認知症疾患の患者さんの総合的な対応を行なっています。おもに精神科を有する総合病院に設置されていますが、数も少ないせいか一般にはあまり知られていないようです。
 ほかにも精神保健福祉(せいしんほけんふくし)センター、高齢者総合相談(こうれいしゃそうごうそうだん)センター(シルバー110番、プッシュ回線の電話で#8080でつながります)も窓口として有用です。
 医療機関に直接相談する場合は、CTスキャンなどの設備の整った病院の精神科か神経内科がよいでしょう。認知症専門外来のある精神科専門病院では家族指導を含めた総合的な方針を打ち出してもらえますが、初めて受診するのには家族や本人にとっても抵抗があるかもしれません。本人は受診の必要性についての認識が乏しい(病識(びょうしき)がない)ので、「健康診断に行きましょう」などと、受け入れやすい形で本人を誘導するとよいでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

認知症の相談窓口の関連キーワード睡眠低酸素症年寄りの冷や水老い就く御年寄聴覚補助具年寄り子老人性認知症機能低下農地・農業用水等の資源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

認知症の相談窓口の関連情報