コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病識 ビョウシキ

家庭医学館の解説

びょうしき【病識】

 自分が病気であるという自覚を病識といいます。統合失調症の患者さんは、自分は病気ではない、妄想(もうそう)も本当のことである、幻聴(げんちょう)も本当に聞こえてくる、などといいますから、「病識がない」とされています。
 病識がないために、受診をいやがったり、途中で治療を中断してしまうことがあります。統合失調症の場合、完全な病識をもたせることはむずかしいのですが、薬の服用や病気についての説明をくり返し行なうことで、少しずつ治療が必要なことをわかってもらうようにしています。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びょうしき【病識 insight into disease】

自己の病気ないし障害について正しく認識でき,適切な態度がとれること。個々の症状,病気の性質,重さ,その全体などについて正しく判断できなければならないが,その程度はさまざまであり,漠然と病気と感じているにすぎない〈病感〉にとどまる場合もある。精神病ではしばしばこの病識が十分でなかったり,欠如したりする。【小見山 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びょうしき【病識】

自己の異常な状態を病的なものと自覚すること。一般に統合失調症では病識を欠き、病識の出現が緩解かんかいの指標となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

病識の関連キーワード精神保健福祉法と入院形態神経性食欲不振症認知症の相談窓口脳血管性認知症脳動脈硬化症ノイローゼそううつ病ヒドラジドピック病神経症食欲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病識の関連情報