病識(読み)ビョウシキ

  • びょうしき ビャウ‥
  • びょうしき〔ビヤウ〕
  • 病識 insight into disease

家庭医学館の解説

 自分が病気であるという自覚を病識といいます。統合失調症の患者さんは、自分は病気ではない、妄想(もうそう)も本当のことである、幻聴(げんちょう)も本当に聞こえてくる、などといいますから、「病識がない」とされています。
 病識がないために、受診をいやがったり、途中治療を中断してしまうことがあります。統合失調症の場合、完全な病識をもたせることはむずかしいのですが、服用や病気についての説明をくり返し行なうことで、少しずつ治療が必要なことをわかってもらうようにしています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

自己の病気ないし障害について正しく認識でき,適切な態度がとれること。個々の症状,病気の性質,重さ,その全体などについて正しく判断できなければならないが,その程度はさまざまであり,漠然と病気と感じているにすぎない〈病感〉にとどまる場合もある。精神病ではしばしばこの病識が十分でなかったり,欠如したりする。【小見山 実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自分が病気であるということの認識。
※近代絵画(1954‐58)〈小林秀雄〉ゴッホ「自分の病気について、非常に鋭い病識をもってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android