コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経内科 しんけいないか neurology

翻訳|neurology

2件 の用語解説(神経内科の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいないか【神経内科 neurology】

神経疾患を対象とする診療科名であり,それを研究する学問は神経内科学または神経学と呼ばれる。なお日本では単に神経科といえば,精神科のことを意味する。神経学は19世紀に確立し発展してきた学問で,現在は臨床的に精神医学脳神経外科学,内科学さらには小児神経学,神経心理学神経耳科学,神経眼科学および神経放射線学などと密接に関係している。さらに臨床のみならず,神経解剖学,神経病理学,神経化学,神経薬理学,神経生理学分子遺伝学および分子生物学など広範な基礎科学の支えの上に成り立っており,これら基礎および臨床の各分野を含む神経科学neuroscienceの中核となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経内科
しんけいないか

神経障害による疾患を対象とする診療科目で、単に神経科ともいう。対象疾患には脳、脊髄(せきずい)、末梢神経(まっしょうしんけい)および骨格筋など神経系統を侵す障害がすべて含まれている。これらを研究する学問はneurologyで、神経学、神経内科学、神経病学とよばれる。
 神経内科で扱われる病気には、脳卒中をはじめ、髄膜炎、脳炎、頭痛、自律神経失調症、進行性筋ジストロフィーなどのほか、パーキンソン病、ハンチントン病、脊髄小脳変性症、シャイ‐ドレーガー症候群、筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)、多発性硬化症、スモンなど、いわゆる難病も多く含まれている。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経内科の関連キーワードCCU測量電子論神経科猟師口腔内科診療科標榜科標榜診療科脳血管性疾患

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経内科の関連情報