コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誣言 シイゴト

デジタル大辞泉の解説

しい‐ごと〔しひ‐〕【×誣言】

事実を曲げて言うこと。また、その言葉。ふげん
「空前絶後のものといわんも決して―にあらざるなり」〈逍遥小説神髄

ふ‐げん【×誣言】

《「ぶげん」とも》わざと事実をまげていうこと。また、その言葉。語。
「空前絶後のものといわんも決して―にあらざるなり」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しいごと【誣言】

事実を曲げて言うこと。作りごと。讒言ざんげん。 「君が世にめずらしき-に/浴泉記 喜美子

ふげん【誣言】

〔「ぶげん」とも〕
故意に事実をいつわって言うこと。また、その言葉。誣語。 「無有の-を構へて人を陥いれんと/露団々 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

誣言の関連キーワード侮・不・侮・分・奉・撫・武・歩・無・舞・蕪・誣・部落合直亮東皐心越故意無有誣説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android