コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)合(わ)せる ヨミアワセル

デジタル大辞泉の解説

よみ‐あわ・せる〔‐あはせる〕【読(み)合(わ)せる】

[動サ下一][文]よみあは・す[サ下二]
同じ内容の文章などを、一方が読み上げ、他方が他にひきあてて誤りを訂正する。「原稿と清書とを―・せる」
読み合わせ2をする。「台本を―・せる」
絵などに合わせて詩歌などを作る。
「屏風の絵に―・せて書きける」〈古今・雑上・詞書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android