コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書週間 ドクショシュウカン

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐しゅうかん〔‐シウカン〕【読書週間】

良書の普及読書奨励目的として設定された週間。10月27日から11月9日までの2週間。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしょしゅうかん【読書週間】

子供たちに良書を正しく読む習慣をつけさせ、読書生活を向上させてゆくために設定された週間。10月27日から二週間。良書の推薦、読書感想文の指導、公共図書館などの見学が行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

読書週間
どくしょしゅうかん

読書の普及のための行事週間。1924年(大正13)図書館週間として発足し、のち図書祭と改称され、1939年(昭和14)から日中戦争、第二次世界大戦などにより一時中止されたが、1947年(昭和22)に復活し、1948年以後、毎年10月27日から2週間を読書週間とすることになった。1959年には出版関係団体、日本図書館協会全国学校図書館協議会からなる読書推進協議会が生まれ、さまざまな催しが行われている。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

読書週間

読書の普及を目的として,講演会,展示会,お話し会,ポスターの作成など,読書に関連する行事を集中させた期間.自治体,学校,図書館などが個別に実施するほか,全国規模のものとして,毎年秋に行われる「読書週間」がある.これは,1947(昭和22)年に開始され,1959(昭和34)年から,日本図書館協会や全国学校図書館協議会,それに出版関係団体からなる社団法人読書推進運動協議会が受け継いだものである.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

読書週間の関連キーワード文字・活字文化振興法公共図書館読書感想文読書運動良書

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

読書週間の関連情報