コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書週間 ドクショシュウカン

4件 の用語解説(読書週間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐しゅうかん〔‐シウカン〕【読書週間】

良書の普及、読書の奨励を目的として設定された週間。10月27日から11月9日までの2週間。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どくしょしゅうかん【読書週間】

子供たちに良書を正しく読む習慣をつけさせ、読書生活を向上させてゆくために設定された週間。10月27日から二週間。良書の推薦、読書感想文の指導、公共図書館などの見学が行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

読書週間
どくしょしゅうかん

読書の普及のための行事週間。1924年(大正13)図書館週間として発足し、のち図書祭と改称され、38年(昭和13)から日中戦争第二次世界大戦などにより一時中止されたが、48年(昭和23)に復活し、49年以後、毎年10月27日から2週間を読書週間とすることになった。60年には出版関係団体、全国図書館協会、全国学校図書館協議会からなる読書推進協議会が生まれ、さまざまな催しが行われている。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

読書週間

読書の普及を目的として,講演会,展示会,お話し会ポスターの作成など,読書に関連する行事を集中させた期間.自治体,学校,図書館などが個別に実施するほか,全国規模のものとして,毎年秋に行われる「読書週間」がある.これは,1947(昭和22)年に開始され,1959(昭和34)年から,日本図書館協会や全国学校図書館協議会,それに出版関係団体からなる社団法人読書推進運動協議会が受け継いだものである.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

読書週間の関連キーワード財団良書NSKJIIIJEDIC丸優子ども読書の日本は楽しい/僕の自伝的読書ノート特別研究員奨励費宝塚友の会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

読書週間の関連情報