誰も彼も(読み)たれもかも

精選版 日本国語大辞典「誰も彼も」の解説

たれ【誰】 も 彼(か・かれ)

(後世「だれもかれも」とも) みんながみんな。すべての人。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Taremo(タレモ) caremo(カレモ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誰も彼も」の解説

だれも‐かも【誰も彼も】

[連語]《古くは「たれもかも」》あの人もこの人も。すべての人が。だれもかれも。「誰も彼もが噂している」
[類語]だれも・誰しも全員総員一同一統満座満場みんな皆皆皆さん皆様皆皆様皆が皆総出総掛かり猫も杓子も

だれも‐かれも【誰も彼も】

[連語]だれもかも」に同じ。「誰も彼も同じ意見だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android