誰しも(読み)たれしも

精選版 日本国語大辞典「誰しも」の解説

たれ【誰】 しも

(「しも」は強意助詞。「だれしも」とも) だれだって。だれでも。
※俳諧・犬子集(1633)四「秋来ては誰しも左昂かな」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「感受の力の勝つは誰しも同じ事ながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誰しも」の解説

だれ‐しも【誰しも】

[連語]代名詞だれ」+連語しも」。古くは「たれしも」とも》「だれも」を強めた言い方。だれでも。だれだって。「誰しも幸せを願う」
[類語]だれも・誰も彼も全員総員一同一統満座満場みんな皆皆皆さん皆様皆皆様皆が皆総出総掛かり猫も杓子も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android