(読み)みな

精選版 日本国語大辞典「皆」の解説

みな【皆】

〘名〙
① 居合わすすべての人。全部の人。また、あるもの全部。全部のもの。みんな。
書紀(720)応神一三年三月・歌謡「下枝(しづえ)らは 人未那(ミナ)取り」
② 全部にわたってその状態であること。残らず。すべて。ことごとく。みんな。
※霊異記(810‐824)上「恋は未奈(ミナ)我が上(へ)に落ちぬたまかぎるほのかに見えて去にし児ゆゑに」

みんな【皆】

〘名〙 (「みな(皆)」の変化した語)
① =みな(皆)
浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「したやどさへとまりがない晩にはみんな覚悟しや」
② =みな(皆)
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「つれ立て参らぬもみんなこな様のいとしさゆへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「皆」の解説

みな【皆】

そこにいる人すべて。全員。また、あるもの全部。多くの人々に呼びかける語としても用いられる。みんな。「が集まって相談する」「偽札だったわけではない」「、こっち見て」
(副詞的に用いて)残らず。ことごとく。すべて。みんな。「今回の不始末は私の責任です」
すべて[用法]
[類語](1だれも・誰しも誰も彼も全員総員一同一統満座満場みんな皆皆皆さん皆様皆皆様皆が皆総出総掛かり猫も杓子も/(2全部すべて・どれも・何もかも万事悉皆しっかいことごとく軒並み残らずすっかりそっくり根こそぎみんなとんとあらゆる洗いざらいくまなく虱潰しなべて余すところなく漏れなく逐一ちくいち一から十まであまねく満遍ない一切一切合財丸ごとごっそりすっぽりいちいち細大漏らさず何でもかんでも根掘り葉掘り

かい【皆】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(漢) [みな
全部。すっかり。「皆勤皆伝皆兵皆無皆既食悉皆しっかい
[名のり]とも・み・みち

みんな【皆】

「みな」の撥音添加。「一人で食べてしまう」「、集まれ」→みな(皆)
[類語]だれも・誰しも誰も彼も全員総員一同一統満座満場皆皆皆さん皆様皆皆様皆が皆総出総掛かり猫も杓子も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android