(読み)カイ

  • ▽皆
  • みな
  • みんな
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

常用漢字] [音]カイ(漢) [訓]みな
全部。すっかり。「皆勤皆伝皆兵皆無皆既食悉皆(しっかい)
[名のり]とも・み・みち
そこにいる人すべて。全員。また、あるもの全部。多くの人々に呼びかける語としても用いられる。みんな。「が集まって相談する」「が偽札だったわけではない」「、こっち見て」
(副詞的に用いて)残らず。ことごとく。すべて。みんな。「今回の不始末は私の責任です」
すべて用法
みな」の撥音添加。「一人で食べてしまう」「、集まれ」→みな(皆)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

全部。すべて。みんな。副詞的にも用いる。 -まで言うな -なくなる
そこにいる人全部。みんな。 -が賛成する -で出かける
二人称。大勢の相手をさし示す語。みんな。 -どう思う 副詞的用法の場合、アクセントは [0]
[句項目] 皆にする 皆になす 皆になる
みな(皆)の撥音添加
みな
に同じ。副詞的にも用いる。 -が賛成した 彼の作品は-読んだ
みな
に同じ。 -、頑張ろうではないか 副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 居合わすすべての人。全部の人。また、あるもの全部。全部のもの。みんな。
※書紀(720)応神一三年三月・歌謡「下枝(しづえ)らは 人未那(ミナ)取り」
② 全部にわたってその状態であること。残らず。すべて。ことごとく。みんな。
※霊異記(810‐824)上「恋は未奈(ミナ)我が上(へ)に落ちぬたまかぎるほのかに見えて去にし児ゆゑに」
〘名〙 (「みな(皆)」の変化した語)
① =みな(皆)
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「したやどさへとまりがない晩にはみんな覚悟しや」
② =みな(皆)
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「つれ立て参らぬもみんなこな様のいとしさゆへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皆の関連情報