満座(読み)まんざ

精選版 日本国語大辞典「満座」の解説

まん‐ざ【満座】

〘名〙
① (━する) その座にいっぱいになっていること。また、その座にいる者すべて。
※明衡往来(11C中か)上末「法水月暗、満座之人何可涙乎」 〔白居易‐琵琶行〕
法会、説法などの最終日。満願の日。
謡曲・弱法師‐間狂言(近世中か)「左衛門殿の施行は今日満座にて候ふ間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「満座」の解説

まん‐ざ【満座】

人がその座いっぱいになっていること。また、その座にいる人すべて。「満座の注目を集める」
数日間にわたる法会・説法などの終わる最後の日。満願。
連歌・連句で、百韻などの一巻ひとまきができ上がり、会席が終わること。
[類語]満場全会一座だれも・誰しも誰も彼も全員総員一同一統満場みんな皆皆皆さん皆様皆皆様皆が皆総出総掛かり猫も杓子も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android