コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)立てる トリタテル

デジタル大辞泉の解説

とり‐た・てる【取(り)立てる】

[動タ下一][文]とりた・つ[タ下二]
多くの中から特別に取り上げる。「一度の失敗を―・てて責める」「―・てて言うこともない」
大勢の中から特に選び出して用いる。抜擢する。引き立てる。「店長に―・てる」
催促し徴収する。強制的に取る。「部屋代を―・てる」「税金を―・てる」
取り扱う。使う。
「弓矢を―・てむとすれども」〈竹取
そろえる。調える。
「しろがね、こがねの馬、さまざま色々―・てて」〈宇津保・蔵開下〉
築く。建てる。
「金堂はそののち倒れ伏したるままにて―・つるわざもなし」〈徒然・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

取(り)立てるの関連キーワード作為・不作為請求の執行メール・クレジット寄生地主制取立訴訟手形交換代金取立取立為替代替執行両税法買為替金堂為替牙軍てて衙役

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android