コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)立てる トリタテル

デジタル大辞泉の解説

とり‐た・てる【取(り)立てる】

[動タ下一][文]とりた・つ[タ下二]
多くの中から特別に取り上げる。「一度の失敗を―・てて責める」「―・てて言うこともない」
大勢の中から特に選び出して用いる。抜擢する。引き立てる。「店長に―・てる」
催促し徴収する。強制的に取る。「部屋代を―・てる」「税金を―・てる」
取り扱う。使う。
「弓矢を―・てむとすれども」〈竹取
そろえる。調える。
「しろがね、こがねの馬、さまざま色々―・てて」〈宇津保・蔵開下〉
築く。建てる。
「金堂はそののち倒れ伏したるままにて―・つるわざもなし」〈徒然・二五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例