コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調ず チョウズ

デジタル大辞泉の解説

ちょう・ず〔テウず〕【調ず】

[動サ変]
ととのえる。調達する。
「風衣(とんびがっぱ)の旅服を―・ぜり」〈魯文西洋道中膝栗毛
料理する。調理する。
「若菜など―・じてやと」〈・若菜下〉
祈って怨霊や物の怪(け)を退散させる。調伏(ちょうぶく)する。
「験者の物の怪―・ずとて」〈・二五〉
なめてかかる。ばかにする。
「かやうのものをば、かまへて―・ずまじきなり」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうず【調ず】

( 動サ変 )
こしらえる。整える。調達する。 「遽に煖炉を-・ぜしめて、彼は西洋間に徙うつりぬ/金色夜叉 紅葉
料理する。調理する。 「御前にて-・じて/増鏡 おどろの下
調伏ちようぶくする。 「験者の物の怪-・ずとて/枕草子 25
こらしめる。痛い目にあわせる。 「この翁丸、打ち-・じて犬島へ遣はせ/枕草子 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

調ずの関連キーワード御厨子所金色夜叉物の怪構へて枕草子験者

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調ずの関連情報