験者(読み)ゲンザ

世界大百科事典 第2版の解説

げんざ【験者】

〈げんじゃ〉とも言い,をあらわす行者や修験者を指す。法華経や密教経典によって加持祈禱を行い,験者声と呼ばれる押しつぶしたような声で,悪霊などを退散させ,治病・除災をした。験者は,諸霊を自由に使役しうる霊力を感得するために,深山幽谷にこもり,山岳抖擻(とそう)して修行したので,〈山の〉とも呼ばれていた。平安時代には,病難難産は,生霊・死霊・物(ものの)などのしわざと信じられていたので,験者が宮中に招かれて修法を行う機会も多く,その情景が文学作品によく描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐ざ【験者】

〘名〙 (験をあらわす行者の意。「ざ」は「じゃ」の直音表記) 加持祈祷(かじきとう)をして、物の怪(け)などを退散させ、病気をなおして、霊験をあらわす行者。修験道(しゅげんどう)の行者。修験者。修験。げんじゃ。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「夜昼、医師(くすし)〈略〉げんざなど召しつつおはしますに」
[補注]元来は「修験者」と同義であったが、修験者は、修験道において山林にこもって霊験を得ようとする修行者を指す場合が多いのに対し、験者は、霊験の力によって精神錯乱などの病気や、ものに憑かれた人を治療する人を指し、意味の使い分けが見られる。

げん‐じゃ【験者】

〘名〙 (「げんしゃ」とも) =げんざ(験者)
※大和(947‐957頃)一〇五「物のけにわづらひて、上ざうだいとくをげむじゃにしけるほどに、人とかくいひけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の験者の言及

【僧】より

…この宗派の中・近世の村落の道場が,〈毛坊主(けぼうず)〉と呼ばれた半僧半俗の篤信者により運営されていたことはよく知られるところである。 一方,古代・中世において,各宗教団の外縁部には,(ひじり)や験者とよばれた民間の遊行僧の活躍が目だった。彼らは山々をめぐり,民間で修法を行い,ときには勧進聖(かんじんひじり)となって寺や仏像を修造し,橋をかけ,経を奉納するなどの宗教活動を行った。…

【験者】より

…〈げんじゃ〉とも言い,験をあらわす行者や修験者を指す。法華経や密教経典によって加持祈禱を行い,験者声と呼ばれる押しつぶしたような声で,悪霊などを退散させ,治病・除災をした。…

※「験者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報