調役(読み)しらべやく

精選版 日本国語大辞典「調役」の解説

しらべ‐やく【調役】

〘名〙 とりしらべをする。また、その人。
※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一二「シヤナには支配人川口陽助、調(シラベヤク)戸田又太夫等の幕吏と北海警備の〈略〉戍兵三百余人が駐屯し」

ちょう‐えき テウ‥【調役】

〘名〙 みつぎとえだち。えつき。
※続日本紀‐文武三年(699)二月戊申「詔免諸国騎兵等今年調」 〔後漢書‐光武紀下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「調役」の解説

【調役】ちよう(てう)えき

布帛貢ぎ物と夫役。〔晋書、良吏、竇允伝〕自ら修む。~を爲すにめ、田(でんさん)を課し、役を均にし、百姓之れに(よ)る。

字通「調」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android