コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調達庁 チョウタツチョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうたつ‐ちょう〔テウタツチヤウ〕【調達庁】

昭和27年(1952)駐留米軍用の物資や労務などを調達するために設置された機関。同37年、防衛施設庁となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

調達庁【ちょうたつちょう】

日米行政協定により米国駐留軍の請求の処理を行った官庁。1947年公社として設立され,占領軍関係の物資の調達,兵舎の工事,慰問のための芸能人の動員などを行った特別調達庁が前身。
→関連項目防衛施設庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の調達庁の言及

【防衛庁】より

…当初その任務は陸上・海上・航空の3自衛隊を〈管理し,運営し,並びにこれに関する事務を行うこと〉であった。58年調達庁(駐留軍の需用調達と駐留軍の行為による損害請求権の処理等を行った機関。62年建設本部と統合,防衛施設庁となる)が防衛庁の機関となったことにより,米軍の駐留等に伴う事務のうち,〈他の行政機関の所掌に属しないもの〉がその任務に加わった。…

※「調達庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調達庁の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

調達庁の関連情報