コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪勝右衛門の妻 すわ・かつえもんのつま

1件 の用語解説(諏訪勝右衛門の妻の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

諏訪勝右衛門の妻

没年:天正10.3.2(1582.3.25)
生年:生年不詳
安土桃山時代の女性武将。諏訪氏は諏訪社神官の出で信濃(長野県)諏訪郡の土豪となり,戦国期は武田氏の被官化し,勝右衛門武田勝頼の家臣であった。天正10(1582)年2月,織田信長の軍は伊那谷を北上して織田信忠率いる先鋒軍が高遠城を包囲した。勝右衛門の妻は「刀を抜き切って回り,比類なき働き前代未聞」と,その勇猛ぶりは敵方の戦記である『信長公記』にたたえられるほどであったが,落城とともに戦死。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪勝右衛門の妻の関連キーワード山岡如軒安土桃山時代上諏訪温泉諏訪大社下諏訪諏訪諏訪八幡諏訪の湖諏訪忠礼諏訪頼忠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone