コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪哲史 スワテツシ

デジタル大辞泉の解説

すわ‐てつし〔すは‐〕【諏訪哲史】

[1969~ ]小説家。愛知の生まれ。会社に勤務するかたわら創作活動を続ける。「アサッテの人」で群像新人文学賞を受けデビュー。同作品で芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪哲史 すわ-てつし

1969- 平成時代の小説家。
昭和44年10月26日生まれ。大学在学中からドイツ文学者種村季弘(すえひろ)に師事。名古屋市内の専門商社に勤務。平成19年ポンパなど意味不明な言葉を発する叔父を題材にしたはじめての小説「アサッテの人」で群像新人文学賞,芥川賞。愛知県出身。国学院大卒。著作はほかに「りすん」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諏訪哲史の関連キーワード秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)アームストロングアームストロング(Neil Alden Armstrong)陳舜臣東松照明ベルイマン(Ingmar Bergman)森一生[各個指定]芸能部門磯田光一

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諏訪哲史の関連情報