コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪御寮人 すわごりょうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪御寮人 すわごりょうにん

?-1555 戦国時代,武田信玄の側室。
天文(てんぶん)11年父の諏訪頼重(よりしげ)が信玄に攻められ降伏,切腹したのち,側室となる。15年勝頼(かつより)を生んだ。弘治(こうじ)元年11月6日死去。信濃(しなの)(長野県)出身。名は由布(ゆう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

諏訪御寮人

没年:弘治1.11.6(1555.12.18)
生年:生年不詳
戦国時代,武田信玄の側室,武田勝頼の母。井上靖の『風林火山』では由布姫,新田次郎の『武田信玄』では湖衣姫の名で描かれているが,実名は不詳。信州の諏訪地方を支配した父諏訪頼重が,天文11(1542)年信玄に攻められて降伏,切腹させられたのち,程なくして父の敵の側室となったとみられる。同15年勝頼を生んだが,勝頼10歳のとき死去した。勝頼がのちに高遠城を預けられ,諏訪氏の名跡を継承し諏訪四郎勝頼と名乗るのはこの母の系譜による。墓は臨済宗建福寺(高遠町)にある。

(池上裕子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

諏訪御寮人の関連キーワードパウルス4世弘治陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城アバ朝マルケルス2世アバ朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android