コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪真種 すわ まさたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪真種 すわ-まさたね

?-1351 南北朝時代の武将。
観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)の際,一族の諏訪隆種に属し,甲斐(かい)(山梨県)の須沢城にこもった高師冬(こうの-もろふゆ)を攻めたが,烏帽子親(えぼしおや)の師冬にそむくことはできないとして城中にはいる。観応2=正平(しょうへい)6年1月17日師冬とともに自害したという。幼名は五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諏訪真種の関連キーワード正平一統紅巾の乱浄土真宗戦争孤児覚如紅巾の乱五葉山フィロズシャー慕帰絵詞明兆