コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪頼戡 すわ よりあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪頼戡 すわ-よりあつ

1675-1740 江戸時代前期-中期の武士,歌人。
延宝3年生まれ。旗本。徒頭(かちがしら),使番,駿府(すんぷ)定番をつとめ,享保(きょうほう)11年病気により職を辞し無役の寄合となる。和歌を武者小路実陰(むしゃのこうじ-さねかげ)にまなび,武家歌人として名がたかかった。元文5年9月7日死去。66歳。通称は権左,兵部。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諏訪頼戡の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ミレスクスピノザ談林十百韻山鹿素行光の科学史天文学史(年表)長谷川次郎兵衛(3代)長谷川次郎兵衛(3代)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android