コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪頼戡 すわ よりあつ

1件 の用語解説(諏訪頼戡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪頼戡 すわ-よりあつ

1675-1740 江戸時代前期-中期の武士,歌人。
延宝3年生まれ。旗本。徒頭(かちがしら),使番,駿府(すんぷ)定番をつとめ,享保(きょうほう)11年病気により職を辞し無役の寄合となる。和歌を武者小路実陰(むしゃのこうじ-さねかげ)にまなび,武家歌人として名がたかかった。元文5年9月7日死去。66歳。通称は権左,兵部。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諏訪頼戡の関連キーワード談林十百韻光の科学史長谷川次郎兵衛(3代)ロシア文学マリア・テレジア市川団蔵企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone