コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦濡 たいじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諦濡 たいじゅ

1751-1830 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦元年生まれ。真言宗。河内(かわち)(大阪府)高貴寺の飲光(おんこう)にしたがって出家し,灌頂をうける。のち河内長栄寺の住持となった。詩文をよくし,師の伝記「慈雲尊者略伝」をあらわした。文政13年9月20日死去。80歳。紀伊(きい)相坂(和歌山県)出身。字(あざな)は明堂。号は拙葊(せつあん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諦濡の関連キーワードボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)奴隷制廃止運動瀬川菊之丞瀬川菊之丞ディドロ江戸褄森田勘弥

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android