諸色・諸式(読み)しょしき

精選版 日本国語大辞典 「諸色・諸式」の意味・読み・例文・類語

しょ‐しき【諸色・諸式】

〘名〙
① いろいろの品物。種々の商品。諸品。諸物。また、一切。万事
蔭凉軒日録‐明応元年(1492)一〇月一一日「召道立諸色代付命之」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「奥田屋に揺ぎ込、座敷に居流れ毛剃が諸色(ショシキ)受込で、差配らしげに勿体顔」 〔韓愈‐論今年権停挙選状〕
② 品物の値段。物価
※洗湯手引草(1851)湯屋万歳暦「文政三辰年、諸国豊作にて諸色(ショシキ)直下げ仰出され」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「物価(ショシキ)は高くなる」
③ 色の道の種々相。色道の様々の姿。
浮世草子好色一代女(1686)一「いまだ諸色(ショシキ)のかぎりをわきまへがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android