諸色・諸式(読み)しょしき

精選版 日本国語大辞典「諸色・諸式」の解説

しょ‐しき【諸色・諸式】

〘名〙
① いろいろの品物。種々の商品。諸品。諸物。また、一切。万事
※蔭凉軒日録‐明応元年(1492)一〇月一一日「召道立諸色代付命之」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「奥田屋に揺ぎ込、座敷に居流れ毛剃が諸色(ショシキ)受込で、差配らしげに勿体顔」 〔韓愈‐論今年権停挙選状〕
② 品物の値段。物価
※洗湯手引草(1851)湯屋万歳暦「文政三辰年、諸国豊作にて諸色(ショシキ)直下げ仰出され」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「物価(ショシキ)は高くなる」
③ 色の道の種々相。色道の様々の姿。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「いまだ諸色(ショシキ)のかぎりをわきまへがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android