コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謀書・謀判 ぼうしょ・ぼうはん

1件 の用語解説(謀書・謀判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謀書・謀判
ぼうしょ・ぼうはん

文書や印章の偽造のこと。謀書・謀判は重大な犯罪とされ,律令時代では遠流と定められた。鎌倉幕府の『御成敗式目』は所領没収の罰を定めた。江戸幕府の『御定書百個条 (→公事方御定書 ) 』は死刑 (引廻のうえ獄門 ) の罰を定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謀書・謀判の関連キーワード偽造罪文書偽造罪謀書謀判虚偽有印公文書作成罪公文書偽造等罪私印偽造私文書偽造等罪有印公文書偽造罪有印私文書偽造罪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone