コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印章偽造罪 いんしょうぎぞうざい

5件 の用語解説(印章偽造罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印章偽造罪
いんしょうぎぞうざい

行使の目的をもって御璽 (天皇の印章) ,国璽 (日本国の印章) ,御名 (天皇の署名) の偽造,公務所または公務員の印章および署名の偽造,公務所の記号の偽造,他人の印章,署名の偽造とその結果の不正使用を処罰する犯罪の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

印章偽造罪【いんしょうぎぞうざい】

行使の目的で,1.御璽(ぎょじ),国璽または御名,2.公務所または公務員の印章・署名,公務所の記号,3.他人の印章・署名を偽造する罪。偽造印章に限らず,他人の印章の不正使用も処罰される(刑法164条以下)。
→関連項目偽造罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんしょうぎぞうざい【印章偽造罪】

行使の目的をもって,(1)御璽,国璽,御名,(2)公務所・公務員の印章,署名,(3)公務所の記号,(4)他人の印章,署名を偽造する罪。その使用のほか,真正な印章や署名の不正使用も処罰される。刑は,(1)は2年以上の有期懲役,(2)は3ヵ月以上5年以下の懲役,(3)(4)は3年以下の懲役(刑法164~168条)。印章には印影のほか印形を含み,署名は自署のほか印刷,タイプ等による記名をも含むというのが判例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんしょうぎぞうざい【印章偽造罪】

行使の目的で、御璽・国璽または御名、公務所・公務員の印章・署名、公務所の記号、他人の印章・署名を偽造する犯罪。広義では、権限なしに不正に使用する印章使用罪を含む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印章偽造罪
いんしょうぎぞうざい

行使の目的で印章・署名を偽造したり、印章・署名を不正に使用、または偽造した印章・署名を使用する罪(刑法164条~168条)。日本の社会では印章・署名は、役所の書類、契約書などのように、人の同一性(本人であること)を証明する手段として広く用いられ、重要な役割を果たしている。そこで、印章・署名に関して、その真正(真実であること)に対する一般人の信用を法的にも保護する必要がある。ただし印章偽造罪は、印章・署名が当該文書や有価証券の一部を構成することが多く、文書や有価証券そのものが偽造罪に問われる場合には、印章・署名の偽造などはこれに含まれる。したがって、本罪は、文書偽造罪有価証券偽造罪不成立に終わった場合と、印章・署名がそれ自体、独立に用いられる場合に問題となる。現行刑法では、これらの使用される対象が、天皇・日本国、公務員・公務所、私人のいずれであるかによって、本罪を大きく区別している。具体的には、(1)「御璽(ぎょじ)」(天皇の印章)、「国璽(こくじ)」(日本国の印章)、「御名(ぎょめい)」(天皇の署名)の偽造・不正使用罪、(2)公務所・公務員の印章・署名に関する公印偽造・不正使用罪、公務所の記号に関する公記号偽造・不正使用罪、(3)公務所以外の他人の印章・署名に関する私印偽造・不正使用罪がある(なお、これらには未遂罪がある)。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone