コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譲渡益課税

1件 の用語解説(譲渡益課税の意味・用語解説を検索)

株式公開用語辞典の解説

譲渡益課税

株式公開が実現され有価証券の譲渡による所得に対してかかる課税を意味し、所得税・住民税が課税されることが原則で、有価証券の譲渡による所得は、一般的には「譲渡所得」とみなされます。但し営利を目的として継続的に譲渡される資産の所得に関しては、事業とみられる規模で行った取引は「事業所得」で、事業に至らないような規模で行う継続的取引によるものは「雑所得」とみなされます。居住者または、国内に恒久的施設を有する非居住者が株式等の譲渡をした場合には、その譲渡にかかる譲渡所得等については、申告分離課税にて確定申告をおこなわなくてはなりません。平成13年度の税制改正までは申告分離課税か源泉分離課税のどちらかの課税方法を選択できましたが、平成14年12月31日に廃止されました。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

譲渡益課税の関連キーワード有価証券届出書キャピタルゲイン課税金銭証券代用有価証券有価証券通知書混蔵保管店頭有価証券Ⅰの部店頭売買有価証券

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

譲渡益課税の関連情報