コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷麋山 たに びざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷麋山 たに-びざん

1701-1773 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)14年生まれ。京都で向井滄洲(そうしゅう),伊藤東涯(とうがい)にまなぶ。詩にもすぐれた。芙蓉(ふよう)の花をこのみ,芙蓉先生とよばれた。安永2年10月19日死去。73歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。名は鸞(らん)。字(あざな)は子祥(ししょう),沖天(ちゅうてん)。通称は左仲(さちゅう)。著作に「芙蓉詩集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷麋山の関連キーワード石崎文雅儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android