コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹呂太夫(初代) とよたけ ろだゆう

1件 の用語解説(豊竹呂太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹呂太夫(初代) とよたけ-ろだゆう

1843-1907 明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)14年生まれ。家は大坂の薬屋。素人(しろうと)義太夫の出身で2代呂篤(ろとく)を名のる。初代豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)に入門,明治7年呂太夫を称した。おおきく,ふとい声で時代物を得意とした。弟子に豊竹呂昇。明治40年3月30日死去。65歳。本名は上西吉兵衛。通称ははらはら屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊竹呂太夫(初代)の関連キーワードグリーグの家複成片麻岩内褶曲新派劇小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革熊谷直行グリーグ(エドヴァルド・グリーグ)熱田

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone