豊竹呂昇

百科事典マイペディアの解説

豊竹呂昇【とよたけろしょう】

義太夫節演奏家。大正期の女義太夫の名人。ひき語り。本名永田仲。尾張藩士の娘。大阪で義太夫節を学び,女義太夫として名声を得た。東京における呂昇を中心とした〈東西名人会〉は有名。ラジオ放送出演を生涯拒否した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹呂昇 とよたけ-ろしょう

1874-1930 明治-大正時代の女義太夫の太夫。
明治7年8月4日生まれ。名古屋の竹本浪越太夫(なみこしだゆう),大阪の初代豊竹呂太夫にまなび,大阪の播重(はりじゅう)席や万亭で活躍。明治41年から東京の有楽座で毎年2回の名人会に出演。大正13年引退。美声と達者な三味線による弾き語りで人気をえた。昭和5年6月7日死去。57歳。愛知県出身。本名は永田仲。初名は竹本仲路(なかじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹呂昇

没年:昭和5.6.7(1930)
生年:明治7.8.4(1874)
明治大正期に活躍した女義太夫の太夫。本名永田仲。父は為吉,母は勇子。名古屋生まれ。小学生のころ常磐津を習い,13歳ごろ竹本浪越太夫(5代目竹本土佐太夫)につき義太夫を始め,仲路と名乗り竹本小土佐の一座に加わる。17歳で結婚するが離別。明治25(1892)年初代豊竹呂太夫に入門し,大阪に出て修業を積み,呂昇と改名。大阪の寄席を本拠として華やかな美貌と美声で人気を得,各地で興行する。31年,38年と2度上京したあと,40年より東京の有楽座において,毎年2回の名人会に出演。学者,文化人,政財界人と交流を深め,寄席芸であった女義太夫の格を向上させた。文楽の名人竹本摂津大掾 に並ぶ人気を博したが,大正13(1924)年引退。<参考文献>西村九郎右衛門編『呂昇』

(田中悠美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよたけろしょう【豊竹呂昇】

1874‐1930(明治7‐昭和5)
女義太夫。名古屋の生れ。本名永田仲。父親の没後,浄瑠璃好きの叔父に養育されて5世竹本土佐太夫につく。叔父は七福座という寄席を経営していたので,16歳のとき仲路の名で出演。1892年名古屋を訪れた初世豊竹呂太夫に入門して大阪へ移る。やがて高津清津橋の播重(はりじゆう)席へ出勤し,大阪における女義太夫の全盛期をつくり上げた。96年に播重から離れ,末虎,愛之助ら約10人と〈都保美連(つぼみれん)〉を結成。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とよたけろしょう【豊竹呂昇】

1874~1930) 女義太夫。名古屋生まれ。本名、永田仲。初世豊竹呂太夫の門弟。艶つやのある美声と生来の美貌により人気を博し、女義太夫の黄金時代を築き上げた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹呂昇
とよたけろしょう

[生]1874.8.4. 名古屋
[没]1930.6.7. 大阪
娘義太夫の太夫。本名永田仲。最初,名古屋の竹本浪越太夫に入門。仲治と名のる。 1892年大阪に出て1世豊竹呂太夫に入門,呂昇と改名。つやのある美声で人気を博し,播重 (はりじゅう) という席亭などを舞台に大阪の娘義太夫の全盛期を招来した。 1898年以来しばしば上京,新富座,東京座,有楽座などに出演。娘義太夫を寄席芸から劇場芸へと引き上げた。 1923年,高血圧のため引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊竹呂昇
とよたけろしょう
(1874―1930)

女義太夫(おんなぎだゆう)の太夫。本名永田仲(なか)。名古屋生まれ。初め仲路(なかじ)の名で寄席(よせ)に出ていたが、1892年(明治25)大阪に出て初世豊竹呂太夫(ろだゆう)に入門、呂昇の名をもらう。女義(にょぎ)の檜(ひのき)舞台である播重(はりじゅう)席で活躍したが、南地(なんち)の名人会に出たことから97年播重席を退き、女義の向上をうたって都保美連(つぼみれん)を結成。1908年(明治41)東京・有楽座の開場興行に出演。以後、毎年春秋同劇場の名人会に東上、つねに大入りだった。美貌(びぼう)と美声にして達者な義太夫は一世を風靡(ふうび)した。24年(大正13)引退。[土岐迪子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とよたけ‐ろしょう【豊竹呂昇】

義太夫節の女太夫。本名永田仲。名古屋出身。大阪に出て初世豊竹呂太夫に入門し、女義太夫の黄金時代を築く。明治三一年(一八九八)東京に進出、つやのある声と巧みな三味線の弾き語りで人気を得た。明治七~昭和五年(一八七四‐一九三〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android