コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹若太夫(2代) とよたけ わかたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹若太夫(2代) とよたけ-わかたゆう

1712-1784 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
正徳(しょうとく)2年生まれ。義太夫節の豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)(初代若太夫)の孫。大坂の人。竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう)の弟子。竹本志摩太夫,島太夫を名のる。寛延元年竹本座から豊竹座へうつり,2代豊竹島太夫と改名。3年2代若太夫を襲名,のち島太夫にもどる。美音家として知られた。天明4年9月10日死去。73歳。通称は芋屋平右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊竹若太夫(2代)の関連キーワード徳川家宣ショメル江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢フィルメルゲン戦争大槻玄沢喜多川歌麿鳥山石燕

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android