コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツンベルク ツンベルク Carl Peter Thunberg

5件 の用語解説(ツンベルクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ツンベルク(Carl Peter Thunberg)

[1743~1828]スウェーデン博物学者・医師。リンネの指導を受ける。安永4年(1775)長崎オランダ商館の医師として来日、1年滞在。日本の医学・植物学の発達に貢献。著「日本紀行」「日本植物誌」など。ツーンベリ。ツュンベリー。

ツンベルク(Torsten Thunberg)

[1873~1953]スウェーデンの生化学者。生体の酸化還元反応を研究。ツンベルク管を考案。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ツンベルク【Thunberg】

〔「ツンベルグ」 「ツーンベリ」 「トゥンベルグ」とも〕
〔Carl Peter T.〕 (1743~1828) スウェーデンの植物学者・医師。リンネの弟子。1775年オランダ商館医として来日し一年滞在。日本の植物を採集するとともに桂川甫周・中川淳庵らに医学・植物学を教える。その著「日本植物誌」は伊藤圭介により「泰西本草名疏」として翻訳出版。著「日本動物誌」「日本紀行」など。
〔Torsten T.〕 (1873~1952) スウェーデンの生化学者。生体酸化還元の研究を行い生化学の進歩に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツンベルク
ツンベルク

トゥーンベリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツンベルク
つんべるく
Carl Peter Thunberg
(1743―1828)

スウェーデンの博物学者。スウェーデンのイェンケピングに生まれる。1761年ウプサラ大学に入学、医学と博物学を学ぶ。リンネの指導を受け、1770年医学博士となる。同年デンマークを経てアムステルダム、さらにパリに行く。アムステルダムでリンネの旧友ブルマンJohannes Burman(1707―1780)の知遇を得て、喜望峰や日本へ行く機会をつかんだ。1771年12月オランダ東インド会社の外科医としてオランダを出発し、1772年4月にケープ・タウンに着き、1775年3月ケープ・タウンをたち、バタビアジャカルタ)を経て、8月14日長崎に着く。長崎出島に外科医として滞在、1776年(安永5)12月3日長崎を離れる。オランダに着いたのち、ロンドンを経て、1779年スウェーデンに帰国した。1781年ウプサラ大学員外教授、1784年教授、1785年学長となる。
 日本では、植物の採集に努め、1776年には商館長の江戸参府に随行、長崎以外の地での採集の機会を得、江戸では、桂川甫周(かつらがわほしゅう)、中川淳庵(じゅんあん)たちと医学や博物学の知識を交換しあった。帰国後『日本植物誌』Flora Japonica(1784)、『日本動物誌』Fauna Japonica(1822~1823)、『喜望峰植物誌』Flora Capensis(1804~1823)などの博物誌、『ヨーロッパ・アジア・アフリカ紀行』Resa uti Europa, Africa, Asia, frrttad ren 1770―1779(1788~1793)の旅行記を出版した。[矢部一郎]
『山田珠樹訳注『ツンベルグ日本紀行』(1928・駿南社/オンデマンド版・2005・雄松堂出版) ▽『ツュンベリー研究資料』(1953・日本学術会議・日本植物学会) ▽木村陽二郎著『日本自然誌の成立』(1974・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツンベルクの関連キーワード育つ個・箇波立つ沸き立つ討つ撃つ国つご・つ絶つ藻葉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone