象徴天皇制(読み)ショウチョウテンノウセイ

  • しょうちょうてんのうせい〔シヤウチヨウテンワウセイ〕

世界大百科事典内の象徴天皇制の言及

【天皇】より

大日本帝国憲法
[日本国憲法上の天皇]
 1945年の敗戦と共に天皇制度の廃止を求める声が国内外からあがったが,占領軍の中核であったアメリカは天皇制度を〈民主化〉することによりこれを占領政策遂行の手段として利用する道を選択した。こうして新憲法によって象徴天皇制が誕生した。(1)性格 天皇は日本国の象徴,日本国民統合の象徴となった(日本国憲法1条)。…

※「象徴天皇制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

象徴天皇制の関連情報