コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪尊 ごうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豪尊 ごうそん

?-1400 南北朝-室町時代の僧。
比叡(ひえい)山で心聡,心円,心源にまなぶ。のち郷里の武蔵(むさし)で天台の教えをひろめる。応安3=建徳元年(1370)上野(こうずけ)(群馬県)竜蔵寺の開山(かいさん)となった。応永7年10月5日死去。武蔵金鑽(かなさな)(埼玉県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豪尊の関連キーワード室町時代南北朝比叡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android