負物(読み)おいもの

  • おいもの おひ‥
  • おおせもの おほせ‥
  • ふもつ
  • まけもの

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※高野山文書‐元暦二年(1185)三月五日・金剛峯寺下政所三方百姓等起請文「或入居家中、責取米稲等、并令調進供給、又号有負物、様々致責勘、如此種々狼藉、不便第一事也」
※東寺百合文書‐は・元徳二年(1330)一一月一七日・藤大夫時友質券案「右とう三郎は、をい物米六石を弁がたく候あいだ、このかたに次郎ごんのかみどのに、ながくたてまつるところじち(所質)也」
② 背中に背負うもの。
※浄瑠璃・文武五人男(1694)四「某がおひ物を御へんせをひ、ほうかぶりして顔かくし跡よりとをれ」
〘名〙 他人に貸している金銭や品物。〔日葡辞書(1603‐04)〕
〘名〙 人から借りている金銭や物品。借財。おいめ。おいもの。
※高野山文書‐文永五年(1268)五月一六日・僧明実質流券案「若尊楽坊至伊羅無者、此ふ物、善心無懈怠沙汰者也」
〘名〙
① 勝負事で、負けた方から勝った方に差し出す品物。
※権記‐長保四年(1002)八月一三日「詣左府、奉囲碁負物斑竹筆州管」
② 勝負事で、負けること。負けた、あるいは負けるにきまった勝負。
※蜻蛉(974頃)中「しりへはさしてのまけ物ぞ、いていとあやしうとりたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android